出逢いはあるのに‘恋愛’に発展しないというあなたへ

  • HOME »
  • 出逢いはあるのに‘恋愛’に発展しないというあなたへ

「友達どまり」からの卒業

「やさしい。」「いい人。」「頼れる。」
そんな風にいわれて納得してしまっていませんか。そんな人は、出逢いがあっても、友達どまりでなかなか恋愛に発展しないのではないでしょうか。
そんな出逢いを「恋愛」に発展させるちょっとしたポイントをご紹介します。

■対外的なコミュニケーションが上手くなってしまうデメリット

ある一定の年齢になると、仕事やプライベートで多くの出逢いがあり、その中で人とのコミュニケーションのとり方は自然と身についていることでしょう。
ただ、それは多くの場合、対外的なコミュニケーションとなっていると思います。
対外的コミュニケーションに慣れてしまうと、ああ言われた場合はこう答えよう、というように、自分の本心や気持ちに関わらずパターン化された形式的な関わりとなってしまいがちです。ところが恋愛は、自分の本心や気持ちを伝えずにできるものではありません。
形式的なコミュニケーションに慣れてしまうと、本当の気持を伝えることができなくなってしまうということが恋愛に発展しない要因の一つなのかもしれません。
恋愛感情というのは、心の奥底にうまれるもの。定型的な会話からは生まれません。
形式的なものではなく、まっすぐな気持ちを伝えましょう。若い頃と違って、プライドが邪魔をするかもしれませんが、自分の本当の気持ちを伝えることからはじめましょう。

■ドキドキ感が大切

「いい人」と感じる時に、相手に性別を意識することはありません。
ところが、恋愛するときには相手を異性として認識しないとはじまりません。
安心感は大切ですが、恋愛にはやはりときめきが必要。
不安定なつり橋で男女がいる時に、恐怖心のドキドキを恋愛のドキドキと勘違いして、恋に落ちる可能性が高くなる、という「つり橋理論」は有名です。
時には相手に不安感を抱かせたり、じっと見つめたりという普段とは少し違った行動を取ることで、ドキドキ感を与えることが恋愛感情につながることも多いのです。
相手に異性をいしきさせて、安心感だけでなくドキドキ感を与えてみることも大切です。

PAGETOP
Copyright © 2017 HOMARE All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。